ゴルフの初心者に多いのは振り遅れやヘッドスピードが上がらなかったりする事があるので、アドレスの改善が必要です。

ゴルフのルールやマナーについて

ゴルフの初心者に多い振り遅れの改善

ゴルフの初心者に多いのは、スイングで振り遅れてしまったり、スライスばかり飛ばしたり、ボールに当たっても飛距離不足になってしまうこともあります。これらの原因には正しいスイングをしていないということがあります。ついついボールを打つ時に引っ掛けてしまい、力が入り過ぎてヘッドスピードが上がらないということもあります。このような色々な問題を抱えている人では、コースに出てもなかなかスコアが上がらないので、大変苦労する事になります。上手くなるにはグリップやアドレスを確認する事や、ボールを置く位置にあるといえます。

グリップの持ち方に違和感がある人では、間違った持ち方をしている人もいますし、自分の握りやすい持ち方をしている人もいます。そしてスイングなども自分で思っているようなイメージで振っていない人もいるので、他の人やレッスンプロからみてもらうことによって、正しいスイングが身についてきます。特にアドレスの確認はプロでも意識してやっていることなので、初心者ではとにかくフォームを鏡で見たり、アドレスを確認することです。それ以外に多いのはゴルフスイングの軌道が大きくズレてしまい、ボールがあらぬ方向に行ってしまう人では、ボールの叩き方を変えるといいです。


Copyright(c) 2017 ゴルフのルールやマナーについて All Rights Reserved.