ゴルフが上達するにはスイングが重要になり、フックやスライスをしてしまう原因を知るといいです。

ゴルフのルールやマナーについて

ゴルフを上達するにはスイングを知ることです

ゴルフの上達のためには、スイングが一番大事だといえます。最初のアドレスでボールを置く位置によってゴルフの打球というのは、変化のある打球になっていきます。これは打つ球の種類があるということなのです。打った打球ではスライス・フェードを打ちやすくしたり、フック・ドローを打ちやすくすることもできるので、まずはどのようなボールになるのかを理解する事によって、ゴルフが上達するのです。ボールを左に置けばスライス・フェードしやすくなりますし、右の方に置けば使いたい時によってフックやドローを打ちやすくなるのです。初心者では真っ直ぐ飛ばないで、フックしたりスライスするのは、ボールからの立ち位置が悪いということもあります。

ゴルフボールをどこに置くのが正しいのかというと、ドライバーを打つには左足の踵の位置が正しい位置になるのです。自分にとってどのくらいの位置にボールがあるといいのか、何を基準にすればいいのかを把握しておくことで、ゴルフのスコアが大きく変わってくるのです。もちろんスイングの振り遅れなどがあると、うまく飛ばないですしスライスばかりしてしまう人もいるので、正しい位置を確認してゴルフをすることで上達が速くなるのです。


Copyright(c) 2017 ゴルフのルールやマナーについて All Rights Reserved.