ゴルフグローブについて書いています。大きく分けて素材は3種類あり、それぞれに特徴があります。

ゴルフのルールやマナーについて

ゴルフグローブは適正のものでないとヘッドスピードが落ちます

ゴルフグローブの素材は大きく分けて3種類あります。天然皮革、合成皮革、天然と合成を合わせたものです。グローブは一般的に右利きの場合、左手に装着します。女性に多いのですが、両手にグローブをつける方もいます。手を保護したい方は、両手に付けることをお勧めします。ゴルフグローブのサイズについて書きます。サイズが合っていないと、クラブのヘッドスピードが落ちるという研究結果があります。なので、必ず自分のサイズに合っている物を選ぶことをお勧めします。

例えば、同じ25のサイズだとしても、メーカーによって大きさが全然違います。なので、一度試着することをお勧めします。指先は余らない物を選びましょう。また、テープを止めた状態で、甲側のテープが三分の一見えるのが適正サイズだと聞いたことがあります。よくわからない方は、店員さんに相談をして、見てもらうのが良いと思います。次にグリップ力です。天然皮革はグリップ力が強いです。そこにこだわるなら天然皮革を選ぶことをお勧めします。耐久性で選ぶなら合成皮革です。汗を書きやすい人などは合成皮革が良いと思います。どちらを選ぶかは好みになるので、一度両方を使ってから、絞るのが良いです。ちなみに私は、天然皮革派で、もう15年程浮気はしていません。


Copyright(c) 2017 ゴルフのルールやマナーについて All Rights Reserved.