ゴルフは少ない打数でコースを回る競技です。細かくルール設定がされていて、ペナルティもあります。

ゴルフのルールやマナーについて

ゴルフの基本的なルールと専門用語、ペナルティについて

テレビでゴルフを見ていると、とても楽しそうですが、ルールを知らない人にとっては、専門用語も多く、良く分からない部分もあります。そこで、ゴルフについての、基本的なルールを紹介していきます。まず、ゴルフを簡単に説明すると出来るだけ少ない打数でコースを回る競技と言えます。ゴルフの各コースは、距離の長さからショートコースやロングコースなどに分けられ、それぞれのコースによって、回るべき打数が決められています。その決められた打数より、少なく回ることが目的になるのです。

規定打数で回れればパーと言い、それよりもより1打少なく回ることが出来ればバーディ、2打ならイーグル、3打ならアルバトロスと、呼び方が変わります。反対に規定打数を1打超えるとボギー、2打ならダブルボギー、3打ならトリプルボギーとなります。1打目でカップに入れることをホールインワンと呼びますが、実力だけでなく海野要素も強いためにプロの選手でも滅多にホールインワンは出来ません。また、ゴルフにはペナルティが存在し、コースを外れてしまうとOBとなり、1打分のペナルティがついたり、コース内の池にボールが入ってしまうと1打分のペナルティーが付きます。他にもペナルティーな色々ありますので、コースを回る前にはルールブックなどで事前に確認をしておきましょう。


Copyright(c) 2017 ゴルフのルールやマナーについて All Rights Reserved.